アゴは腰と連動する

Page Menu

顎関節とカラダの関係

顎関節症だけでなく、頭痛、肩こり、腰痛、不定愁訴など病院で異常がない整体の範疇の不調は、自律神経による緊張の蓄積が関わっています。(緊張の蓄積については、顎の整体の特色で説明します。)

骨のズレも改善 関節円板も正常な位置に戻ろうと動き出します

つまり、緊張を一つ一つ解放していけば、その場で、顎の痛み、関節円板のズレ、他の整体の範疇の不調が改善方向に変化します。

口が斜めに開く・全身の捻じれの同時改善がわかりやすい動画↓

このページでは、緊張の蓄積が、顎関節の関節円板のズレや痛みにどのようにかかわっているか?顎と腰(カラダ)と連動していることを、動画とそのキャプチャーで説明いたします。

キャプチャー画で施術前後の比較

施術は、ストレッチ、マッサージ、押圧を一切おこなわずに、カラダに溜まっている緊張の蓄積のみを取った結果起きた変化で説明します。

当院では、顎関節症の状態をビデオで撮って、施術の前後で開口の変化を確認していただいています。

ご本人はまっすぐカメラを見ているのですが...。

施術前の顔のブレの変化をご確認ください。

A様:蓄積の左右差で右側に顔がブレている→蓄積が減ると自然と正面に定まる

A様:蓄積の左右差で右側に顔がブレている→蓄積が減ると自然と正面に定まる

B様:蓄積の左右差で右側に顔がブレている→蓄積が減ると自然と正面に定まる

B様:蓄積の左右差で右側に顔がブレている→蓄積が減ると自然と正面に定まる

施術前の状況

  • カメラに向かって座っていただいています=骨盤はカメラに真っ直ぐ向いている
  • 目はカメラを見ていただいています
  • 顔(アゴ)は右方向にブレています

施術後の状況

カラダの捻じれ解消=関節円板の引っ掛かりが取れて、開口がまっすぐ方向に変化

  • カメラに向かって座っていただいています=骨盤はカメラに真っ直ぐ向いている
  • 目はカメラを見ていただいています
  • 顔(アゴ)が正面に向いている

※初回施術でその場で起きた変化で、アゴやカラダにストレッチやマッサージ・押圧は加えていません。カラダの緊張の蓄積のみを取ったことの変化です。

開口の変化(関節円板のズレ)を動画で確認

施術後、顎関節症でよくある関節円板のズレが改善して顎がまっすぐ開くように改善されています。↓(下に動画フレームが表示されない方はYoutube→顎関節症とカラダの連動動画

アゴや顔にストレッチやマッサージなどの手法を使わなくても、カラダの緊張の蓄積を解放するだけで、捻じれの解消と同時に関節円板のズレも元に戻り開口も変化するのです。

では、なぜ連動するのでしょう。

部位ごとの連動現象

人間のカラダは、全身が筋膜によって覆われています。

つまり、部位の筋肉は単独で存在しているのではなく、他の筋肉とも筋膜によってつながっているわけです。

したがって、特定の部位の筋肉が緊張で硬くなると、筋膜を通じて他の部位にも影響を与えてしまう

連動の範囲は踵から頭のてっぺんまで全身に及びます。

カラダの捻じれと関節円板のズレ

筋肉(筋膜)の緊張は自律神経の乱れによって起きます。

要因によっては、緊張が入ったままになって蓄積現象が起きます。

緊張の蓄積現象

【図1】緊張の蓄積現象

たとえば、【図1】の様に緊張の蓄積が起きた場合は、左右方向に捻じれのテンションがかかります。

たとえば、歩くという基本的な動きで考えると、

  • 骨盤は進行方向を向く必要がある
  • 脚も進行方向を向く必要がある
  • 目も進行方向を向く必要がある

となると、捻じれの影響はどこに向きやすいか?

ぶら下がった関節の顎関節が影響を受けやすい

緊張のアンバランスが関節円板のズレを生む

関節円板のズレはこの原理で起きています。

関節円板がズレると、

  • 口が開きにくい
  • 口が斜めに開く
  • 口が引っ掛かる
  • 顎が鳴る

などの現象につながります。

顎の痛みとカラダの緊張の関係

カラダに付帯する緊張の蓄積が増えると緊張が高まります。

  • 部位ごとの連動現象
  • 緊張の蓄積現象

が、結果的に顎に影響すると、『顎の痛み』となります。

この原理は、腰痛、頭痛、足の辛さなど他部位も同様です。

顎関節へのアプローチ

上記から、顎関節は常にカラダの状態と連動しています。

カラダの動きは腰が中心となるので、『顎関節症は腰と連動する』と表現しています。

連動現象を考えると、噛みあわせなど顎の状態も全身に影響があると言えます。お互いに影響し合うため、整体では全身へのアプローチが必要なのです。

当院では、全身の緊張の蓄積や緊張連動に対して自然に緩める(緊張の解放を促す)技術がありますので、頭やアゴに圧力を加えたりマッサージなどをする必要はありません。

緊張の蓄積が解放されていくイメージ

緊張の蓄積が解放されていくイメージ

骨のズレも改善 関節円板も正常な位置に戻ろうと動き出します

骨のズレも改善 関節円板も正常な位置に戻ろうと動き出します

関節円板のズレ幅が大きい場合は、下顎を開閉していただいて、顎に軽くタッチするだけの開閉法を入れる場合もあります。

もし、顎関節症がなかなか改善しない、もしくは、改善してもすぐ戻る場合、顎だけのアプローチになっていないか気をつけてみてください

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

HOME | >>顎関節の施術ノートへ進む

技術・理論の紹介ページ

  1. アゴは腰と連動するThis page
  2. 顎関節の施術ノート(動画とキャプチャーで3事例解説)
  3. 顎の整体の特色(ソフトな全身整体とチェック法)