自律神経失調症と顎関節症の因果関係は?

「自律神経失調症は顎関節症と密接な関係にあります。」
って、歯医者さんのホームページなどでよく見かけます。

当院では、自律神経に着目した整体技術で、カラダに付帯した緊張の蓄積を解放することで、カラダを整えています。

病院の検査で異常がない不調は、緊張の蓄積が減ることで、その場で変化を起こします。

緊張の蓄積の解放を促すと痛みと歪みが改善していくイメージ図

このページでは、自律神経失調症(不定愁訴)と顎関節症の関係性について、技をどこに入れて変化したか?整体実績を解説することで、関係性を考察するページになっております。

自律神経失調症と顎関節症の関係を整体実績で考察

整体事例の経過から、自律神経失調症と顎関節症との関係があるか考えていきます。

頭痛は小学1年から毎日、めまいは中二から、痛みと開けにくさの顎関節症は1年前から 19歳女性

「頭痛が小学1年からほぼ毎日出ています。」

「何度か頭痛で入院もしたことありますが、MRIなど検査で異常がでないんです。」

「めまいは中二くらいから出るようになって、朝が多くて、立っているのが辛くなります。」

「顎関節症は一年前からで、両アゴの痛みと口の開きにくさがあります。」

整体チェック法で要因リレーションの確認

技をかけたポイント

(頭痛)

  • ストレスがかかわる緊張 60%
  • 肩甲骨の緊張との連動 20%
  • 股関節の緊張との連動 20%

(めまい)

  • 内部の緊張との連動 40%
  • ストレスがかかわる緊張 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%
  • 肩の緊張との連動 15%

(アゴの痛み)

  • 全身に渡る緊張との連動 100%

動画で開口の改善経過を確認

経過

  • めまいと頭痛は初回の施術で出なくなった
  • 顎関節症は2回の施術が必要だった

一ヶ月後にもお母さまから頭痛とめまいの再発が無いことを確認できました。

顎関節症 めまい・頭痛
初回施術後 顎の痛み消えた。
開口少しアップ。
めまいと頭痛は施術で消えた
2回目施術前 顎の痛み再発開口は少し戻る めまいと頭痛の再発無し
2回目施術後 顎の痛み消えた。
開口さらにアップ。
めまいと頭痛の再発無し
1ヶ月後お母様から 顎の痛み無し。開口は未確認。 めまいと頭痛の再発無し

自律神経失調症と顎関節症との相関考察

めまいは中学二年から、頭痛は小学一年から、ということを考えると、施術では、めまいと頭痛が後まで残りそうですが、意外と顎関節症より先に収束しました。

経過では、顎関節症が残っているのに、めまいや頭痛は再発していない。

自律神経失調症と顎関節症との相関ということで言えば、この方については、相関が無いと言うことができます。

関節円板がズレて音が鳴る顎関節症(10代から)片頭痛(30歳過ぎから)40代女性

「右アゴがカクカクなります。」

「2週間に1度の割合で片頭痛が起きて、左目中心に出る時と、右こめかみに出る時があります。」

動画で顎の鳴り改善経過を確認

経過

  • 顎の鳴りは3回の施術で完全に消えた。開口も増えた。
  • 頭痛は酷いのは出なくなった

今も、3ヶ月間隔のメンテナンスでご来院いただけています。

  • 顎関節症の再発は一切無し
  • 頭痛は体調によって出る場合がある
顎関節症 頭痛
施術3回 顎の鳴りは3回の施術で完全に消えた。
開口も増えた。
頭痛は酷いのは出なくなった
6年経過 再発無し 頭痛は体調によって出る場合がある。以前ほど酷くない

頭痛は自分自身でおこなう習慣改善(予防)の関係やストレスの波の関係で出る場合はあるが、以前ほど酷くない。

自律神経失調症と顎関節症との相関考察

顎関節症(顎の鳴り)は、早期に改善して、6年経っても再発していない。

頭痛は別の要因で発生していることは明確です。

顎関節症と相関はないと言えそうです。

自律神経失調症と顎関節症の因果関係は?

症状は結果

実例から、技をかけた部位と、その場で起きた変化から言えること。

表面化しているる症状は、カラダ全体の緊張の蓄積と、その連動現象(引き合い)の結果起きているということ。

ここで大切なのは、技をかけた箇所は緊張は溜まっているけど症状(辛さ)は出ていないということ。

症状は結果であって、原因ととらえないほうが、真の原因がわかりやすくなります。

緊張が溜まるから不調が出る

カラダに緊張が溜まり、カラダ全体で連動現象が起きます。

緊張の蓄積現象

緊張が溜まった箇所は緊張が高まり、緊張の連動現象も関わって、結果的に症状が出る場所が決まる。

緊張の蓄積のアンバランス

顎の関節円板のズレにかかわりやすい。

これが、開口時の音の鳴りになったり、引っ掛かって開かない現象につながる。

緊張の蓄積の高まり

ピンポイントで症状が出ると痛みになりやすい。

広い範囲でカラダの許容範囲を超えると、捉えどころのない不定愁訴的(自律神経失調症)な辛さの出方になる。

なぜ緊張が溜まったのか?がポイント

緊張の蓄積を解放することで、不調が変化していきました。

つまり、緊張が溜まっていることが問題なわけですが、なぜ緊張が溜まってしまったかなぜ硬くなっているか?という見方をすると、真の原因が見えてきます。

真の原因は、ストレス(心的・温度差・使い過ぎ・耐刺激など)が原因となり、自律神経が乱れることで緊張の蓄積が起きているということです。

自律神経と緊張の蓄積についての詳細は、

Page Menu アゴを整えるということ 緊張の蓄積を解放させることで不調が改善するとは 緊張の蓄積イメージ ...

のページで説明しております。

症状同士の因果関係を論じるのは無理がある

カラダ全体が一つの連動体で、症状は結果的に現れている現象に過ぎないということです。

一つのカラダの中でおきていることなので、症状同士も関係性が見られる場合もあると思います。

しかし、根幹には自律神経の仕組みとの関りがあるということが、因果関係を論じる時には大切な要素で、表面化した症状だけをとらまえて、因果関係を論じても無理が出てくると考えています。